Skip to main content

お米と豆と蕎麦粉の店

※こめよし商店

TOP
こめよしニュース
店主のおすすめ
お店の紹介
お店の歴史
お米の話
お豆の話
粉の話
配達&発送
お問い合わせ
遊ぶ米屋のつぶやき
サイト マップ
【お店の歴史】
 

  大正11年(1922年)、創業者 由次郎(よしじろう) と妻 千代(ちよ)が、名栗村(現在、飯能市に合併)より

  現在地に開業。 創業者の名前の一字を取り 『米由商店』 とする。 

 

    創業者 由次郎                        妻 千代  

        

 

  二代目 頌治(しょうじ) と、妻 和子(かずこ)が後を継ぎ、お米・雑穀だけではなく、二代目が得意とした

  蕎麦打ちを生かし、手打ち蕎麦愛好者のために、美味しい蕎麦粉等の品揃えを充実させる。

 

    二代目 頌治

        

 

   二代目亡き後、三代目 久功(ひさよし) が、都内の繁盛米穀店での丁稚奉公を終え引継ぎ、今に至る。

 

   

    三代目 久功

    

 
【写真で見る店舗の歴史】
 

        ①昭和初期の当店 (配達は自転車で。)

        

 

        ②昭和10年頃の当店

        

 

        ③戦時中は、配給所として・・・

        

 

        ④昭和49年。この翌年、駅前通り電線地中化とともに建て替えを。

        

 

        ⑤現在の当店・・・とはいえ建て替えてから既に37年経過。